なんとなくわかる高校化学

参考書

こちらに私が高校生の頃行っていた化学の勉強法や参考書を記載しますので、よかったら参考にしてください!!

化学だけに限らないかもしれませんが、高校化学では知識をつけるだけでなく、問題を解いて実践力を付ける必要があります

実践力をつけるためにはまず知識をつける必要があるのですが、化学の場合は教科書だけでなく、「図説」を使って知識をつけることを強くおすすめします!!

というのも、化学の場合は化学反応が起こった時の色の変化や、分子の構造などのイメージを理解するためにも図で見たほうがわかりやすい、かつ覚えやすいためです。

私は高校で図説が配られていたのですが、まだ図説を持っていないという方はぜひ購入してみてください。
購入を迷っているという人は大きい本屋などで図説を試し読みしてから決めるというのもありかと思います。


本サイトや教科書、図説で基礎を理解した後は問題を解くのみです。

以下におすすめの参考書を紹介します。

・まずは基礎力を身に着けたいという方には以下の参考書がおすすめです。センター試験で言うと、まずは60点以上を狙うイメージです。

基礎的な問題も多く、文系でセンター試験で化学を選択しようとしている人などはこの本だけで十分だと思います。


・理系で地方国公立や有名私立大学を狙う場合は以下の参考書がおすすめです。センター試験で言うと、80点以上を狙うイメージです。

※地方国公立や有名私立大学を狙う場合はこの参考書で十分かと思いますが、化学で点数を稼ぎたいという場合は、下の参考書も使ってみてください。


・旧帝国大学(東京大、京都大、大阪大、北海道大、東北大、名古屋大、九州大)や東京工業大を狙う方には以下の参考書がおすすめです。

東京大などにも何名か友人がいますが、彼らも高校の頃はこの参考書で勉強しており、何度も繰り返し問題を解いていました。


・化学で点数を稼ぎたい、もっと深く高校化学を知りたいという方には以下の参考書がおすすめです。

内容は非常に深いため、全てを読み切るというより、自分が気になった分野やわからないというところを辞書のように読む時に使うイメージです。
私も高校の時に使っていましたが、詳しく知りたい分野などのみを読んでいました。


・ここからは高校の化学では物足りない、大学受験を終えて、大学化学を学ぶ事になった人に対するおすすめの参考書です。

これらの本は完全に大学で化学を専門に学ぶ人向けの本なので、高校化学を勉強しているという方にはおすすめしません。
というより、お金が無駄になってしまうので絶対に買わないでください!

推薦で大学が早く決まった人や大学で他の同期に化学で差をつけたいという人は買ってみてください。

※しつこいですが、完全に大学受験範囲外のため、高校化学を勉強する場合は購入不要です。



これまでに7冊の参考書を紹介しましたが、いずれの大学を狙うにしても化学は暗記だけではないため、基礎を身に着けた上で、上記の参考書などで実践に向けた勉強をやってみてください。

高校生の頃は参考書の値段に高く感じるかもしれませんが、上記の参考書は値段以上の価値があると思いますし、自分への投資として買って挑戦してみてください!!

2020年3月更新

「なんとなくわかる高校化学」作者