なんとなくわかる高校化学

物質量(モル)

【まとめ】mol(モル)とは原子の数を簡単に数えるために使う単位であり、1molあるとその物質の原子量、分子量と同じだけの重さがあります

ここでは物質量(mol,モル)について説明したいと思います。

個人的には「物質量」がなかなか理解しづらく、つまずいてしまう人も多いように思うため詳しく説明したいと思います。
(という私も高校1年のころ、最初、物質量がわかりませんでした。。。)


では物質量とは何かということですが、言ってしまえば、原子の数を簡単に数えるために使う単位のことです。

ここで、少し話がそれるのですが、みなさんは「ダース」という言葉を聞いたことがありますか。

チョコレートでも「ダース」という商品がありますが、ダースとは「12個」という意味で、チョコレートが12個あっても、1ダースですし、鉛筆が12本あっても1ダースと呼びます。

ダースの考え方

これはチョコレートや鉛筆を1つずつ数えるのは面倒なので、12個をセットで1ダースと呼んでいるんですね。


では、原子を数える時はどうでしょうか??
原子は非常に小さい球なので、1g中には何千兆個以上の球があり、数えるのが非常に面倒です。

(例えば、「物質Aが1gあるとその中に分子が何個入っているでしょうか?→5000兆個」などの問題があると数が多すぎてよくわからないですよね )

そのため、ここで1mol(モル)という単位を作り、原子、分子を数えやすくしています。
詳しく言うと、原子や分子が6.02×1023個集まると1モルとするというルールになっています

mol(モル)の考え方

なぜ6.02×1023個を1molとしているかというのはルールなので覚えほしいのですが、大事なのが原子、分子が1mol(6.02×1023個)集まるとその原子量、分子量の重さになるということです

※具体的には、水分子(H2O)は分子量18のため、水分子が1mol(6.02×1023個)集まると18gの重さになりますし、原子量40のカルシウム(Ca)が1mol(6.02×1023個)集まると40gの重さになるというルールがあります。


よくテストで聞かれる問題として、
①mol数、分子の数からgに変換する問題と
②物質のgからmol数、分子の数に変換する問題があります。
ここで例を示しておくので、それぞれの変換ができるようにしておいてくださいね。


①例えば、アンモニア分子が6.02×1024個ある場合、何gかと問われる問題の場合

→アンモニア(NH3)は分子量が17のため、アンモニア分子が1molあると17gとなります
→1molは6.02×1023個のため、今回の問題で聞かれているアンモニア分子が6.02×1024個の場合ではアンモニア分子10mol
→1molで17gのアンモニアが10molあるということなので、17×10=170gあるということになります。

②例えば、二酸化炭素分子が66gある場合、何molか、分子が何個ある場合かと問われる問題の場合

→二酸化炭素(CO2)は分子量が44のため、二酸化炭素分子が44gあると1molとなります
→今回の問題で聞かれている二酸化炭素分子66gでは66÷44=1.5molとなるため、
→1molで6.02×1023個の二酸化炭素が1.5molあるということなので、6.02×1023×1.5=9.03×1023個あるということになります。


molについての理解も大事ですが、変換についてもよく聞かれるため理解しておいてくださいね!


まとめると、mol(モル)とは原子の数を簡単に数えるために使う単位であり、1molあるとその物質の原子量、分子量と同じだけの重さがあります

読んでくれてありがとう!!