なんとなくわかる高校化学

電気陰性度

【まとめ】電気陰性度は原子が電子を引きつける強さのことで、電気陰性度が大きい方が陰イオンになりやすい。電気陰性度が最も大きい元素はフッ素

前のページで元素が陽イオンへのなりやすさであるイオン化エネルギーについて説明しました。
ここでは元素の陰イオンへのなりやすさを示したものを紹介したいと思います。

陽イオン、陰イオンそれぞれになりやすい元素

まず各元素が陰イオンへのなりやすさを示したものを電気陰性度といいます。

原子というのはもともと、陽子と電子が引きつけあって存在しているのですが、そこから陰イオンにするために電子を一つ得ようと原子が電子を引きつける強さが電気陰性度です

原子が陰イオンになる時のイメージ

ではこの電気陰性度の大小がどのように決まるかというと、原子核と電子の距離で決まります。というのも、磁石などでもイメージして欲しいのですが、引きつけあうものの距離が近いとそれらは強く引きつけあうためです。

そのため、原子核と電子の距離が短い方が電子を引きつける力が強い、つまり電気陰性度が大きくなります。

塩素とフッ素の陰イオン化

このように、周期が上の元素であればあるほど、電子殻の数も減り、原子核と電子の距離が近くなるため、電気陰性度は大きくなるという傾向があります



また、族については右に行けば行くほど、電気陰性度は大きくなります

というのも、同じ周期内で原子番号が増えて、同じように陽子と電子が1つずつ増えていっても、実は陽子と電子では陽子の方が引きつける力が少し強いため、原子番号が増えるたびに電子はより中心に引き付けられている(小さくなっている)のです

第2周期の元素の大きさのイメージ

そのため、同じ周期内では原子は右に行けば右に行くほど小さくなり、より原子核が電子を引きつける力は強くなります
(その分、電気陰性度も大きくなります)


以上のことから、原子は右上に行けば行くほど小さくなり、その分、電気陰性度も大きくなります

また、電気陰性度が最も大きい元素は何かと聞かれることがよくあるのですが、電気陰性度が最も大きい元素はフッ素です


イオン化エネルギーも電気陰性度もどちらも右上に行けば行くほど、大きくなるというのは同じなのですが、それぞれの値が最も大きい元素がイオン化エネルギーと電気陰性度では違うということに注意してください

というのも、イオン化エネルギーが最大の元素は希ガス(ヘリウム)ですが、電気陰性度が最大の元素は希ガスではありません(フッ素)。

これは希ガスから電子を無理やり取り除いて陽イオンにすることはできますが、電子を与えて陰イオンにすることはできないためと理解してください。

電気陰性度についてもですが、イオン化エネルギーとの違いも覚えておいてくださいね。


まとめると、電気陰性度は原子が電子を引きつける強さのことで、電気陰性度が大きい方が陰イオンになりやすい。電気陰性度が最も大きい元素はフッ素

読んでくれてありがとう!!